ピンキープラスの副作用が少ない訳

ピンキープラスは、口コミをみても、他のバストアップサプリメントと比べると、副作用が起こりにくいとされています。

 

薬ではないにしても、サプリメントを摂取すると副作用が体に現れるときがあるので、少しでも副作用が少ないものを選びたいものです。

 

では、なぜピンキープラスサプリメントは、副作用が少ないのでしょうか?

 

それは、ピンキープラスに使われている成分配合にありました。

 

プエラリアの副作用がない

プエラリアというのは、女性の排卵前に一番多く作られる、女性ホルモンの一つです。このプエラリアが分泌されることによって、女性は丸みを帯びた体になっているわけです。

 

バストアップを目的としたサプリメントには、このプエラリア成分が入っていることが多くあります。

 

プエラリア成分をサプリメントをして摂取することによって、女性らしい体、つまり、バストアップにもつながるという訳なのですが、

 

このプエラリアというものは、副作用が起きやすいことで知られています。

 

たとえば、不正出血や、生理周期が狂ったりといった症状が出やすいのです。

 

どうしてこのような副作用が出るかというと、先ほども書いたように、プエラリアは排卵直前で一番多く分泌します。毎月の中で分泌される量が変わるのが普通なのです。

 

それを、サプリメントとして毎日大量に摂取することで、この分泌周期が乱れ、ホルモンバランスも乱れてしまうわけです。

 

しかし、ピンキープラスでは、プエラリアを使用していないのです。

 

なから、女性ホルモンが乱れる副作用がおきにくいとされています。

 

プエラリアの代わりの何を使っているのか?

 

それでは、ピンキープラスは、プエラリアの代わりに何を配合しているのかというと、「ブラックコホシュ」というハーブを配合しています。

 

このブラックコホシュも、エストロゲンを同じような働きをしてくれ、医療業界でも使用することがあるくらいのハーブなのです。

 

このブラックコホシュは、効果が穏やかにでるので、プエラリアよりも優しく、副作用も少ないのです。

 

その他の嬉しい効果

ピンキープラスには、その他にも、使用を続けていると、体の緊張のほぐれやよく眠れるようになったりするという報告もあります。

 

ピンキープラスは、体全体を健康な状態に変えてゆく働きをしてくれるのですね。

 

しかし、普段から、規則正しい生活をしなければ、効果もなかなかでにくいです。

 

自分で体も管理を徹底しながら、ピンキープラスの力も借りれたなら、きっと効果は現れると思います。